イ・テゴンさんのとっておき情報。
新着記事

イ・テゴンさんのとっておき情報。

スポンサードリンク
イ・テゴンさんのプロフィール
イ・テゴン
〔プロフィール〕
本名:イ・テゴン
生年月日:1977年11月27日
身長:185p
血液型:B型

〔ドラマ〕
2006年 SBS『淵蓋蘇文
2005年 SBS『天よ

〔CM〕
SK010、GM大宇、バッカス−野球編、LG テレコム韓国観光公社、ドンウォン ワイズクラブ

〔受賞経歴〕
2005年 SBS演技大賞 ニュースター賞

ドラマ『天よ』に出演する前まで、イ・テゴンは数種の広告で顔を知られているだけで、俳優としては注目されていなかった。そんな彼にチャンスが訪れた。SBS週末ドラマ『天よ』の主演に抜擢されたのだ。しかしドラマの主演になったからといって、演技人生がひっくり返ったわけではなかった。平均視聴率30パーセントを上回ってドラマが高視聴率の波に乗るまで、周囲の反応はあまりにも冷酷だったからである。

天よ』の主演がほとんど新人だったので、周囲の心配が大きかったのだ。しかし彼はそれを逆利用した。「20回に行く前に初期終映するだろうという話が出ると、本当につらかったです」と当時を語るイ・テゴン。そのような言葉はむしろ彼を刺激し、さらにこれを逆手にとって演じるほかなかった。そのような努力は視聴率に現れた。平均視聴率30パーセントを超えて、最終回は44.5パーセントという最高視聴率を記録したのだ。

このようにして1年に渡って撮影した『天よ』は、華麗な終映を迎えた。ドラマが終映すると、他の俳優なら十分な休息を取ろうとするだろう。しかしイ・テゴンは、直ぐに6ヶ月以上の撮影があるSBS大河ドラマ『淵蓋蘇文』に拘束されて、強行軍を推し進める。体力的に負担が大きいのではないだろうか?「チャンスがある時に、素晴らしい作品に続けて出演できてむしろうまくいっていると思います」と語る彼の姿からは、心配よりも期待が先立つ自信が大きく比重を占めているようだ。しかし彼にもひとつ悩みがある。それは恋人の問題。ドラマの撮影のため、恋人に良くしてあげられなくて申し訳ないというのだ。しかし自分を理解してくれる恋人がありがたい。

両親が心配する中で始めた芸能界生活。この世界で生き残るための彼のこのような努力は、ともすれば当然のことかもしれない。「両親が反対した時、『この世の中にやってできないことはない』と言いました。僕がすることに僕が責任を取れるなら、両親は反対しません」8年間の無名時代を経て、苦労してつかんだチャンスを逃したくないイ・テゴン。彼は演技に対する情熱だけは、明らかに誰にもひけを取らない俳優である。


INNOLIFEより


イ・テゴンさんのYouTube動画視聴

LG テレコムでYouTube検索してみます。




イ・テゴンの最新ブログ書き込み

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。